忍者ブログ
ライトノベル書きの井上堅二のブログです。 週一更新を目指して頑張りますが、あまり期待はしないで下さい。あと、リンクフリーです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



初めての訪問の方は必ずご一読下さい。





ここ最近、このブログで美少女という単語に一切触れませんでした。

男につけられるには全くもって不適切なこの単語。

百歩譲って美少年であるならまだしも、それすら程遠い僕にはあまりに重い代名詞。

だからこそ、そろそろこの単語に別れを告げるべきだと思うのです。



気が付けば、このブログを開設してから10ヶ月以上が過ぎました。

開設初期の上月さんに始まり、風見さん渡瀬さん師走さん葉月ちゃん、果てには小野上さんにまで弄られたこの疑惑。

他にも川口さん葵さんなど、交流のある作家さんにはほぼ弄られました。

ですが、もう10ヶ月も経過したのです。

今ではそんな嘘をつく作家さんはいません。

それもそのはず。

物書き仲間ではもう充分に弄り尽くしたのですから。

同業者の中で一つのネタに飽きが来るのは当然なのです。

もう仲間内でそんなことを書く人はいません。










Message From : 他業種









僕が言いたかったのはそういうことじゃない。









違う! そうじゃない! そうじゃないんだ!

弄ってくる人の業種を変えて欲しいって意味じゃないんだ!

そろそろこのネタやめようぜ、っていう意味なんだ!



まったく、折角沈静化していたというのに、なんて酷いことをするんですか。

見て下さい。日記を書かれた11/11前後での、このコメントの酷い変化を。







11/11以前のコメント
>空をかける美少女ですね
>空か落ちてくる美少女…そんなアニメがあった気がします
>美少女のTV出演を心待ちにしています!!
>空から美少女! ラピュタだ!
>初めて見ましたが井上さんは美少女だったのですね!覚えときます








11/11以降のコメント
>空気抵抗で揺れる美少女の胸…か…
>美少女と共に波ニ乗レ!
>美少女がラジオに出てくる事を願っています
>まさかバカテスのEDがmilktubとは・・・。オッサン二人組なので美少女は気を付けて!
>男らしいんですね!まるで美少女じゃないみたいです!










seichousiteinai.jpg
















はい。というわけで、今度はbambooさんに嘘をつかれました。

まったく! 良い人――かどうかはともかく、面白い人だと思ってたのに!

裏切られた! 信じる前から裏切られた!


ちなみにリンク先をご覧頂ければわかると思いますが、bambooさんはバカテスのアニメのEDテーマを歌って頂く方だったりします。
仕事は一切関係なく、以前モンハンで一緒に遊んだことがあって、最近になってEDテーマのお話を聞いて驚きました。
人の縁とは不思議なものですね~。

曲は既にデモを頂いたのですが、すっごくノリがいい!
まさにバカテス! 歌詞も曲調もバッチリ!
この曲に大沼監督の演出が加わると思うと、今から楽しみで仕方がありません。

デモを貰ったその日のうちにbambooさんに『最高!』とメールを打ってしまったほどです。
ただの面白いお兄さんじゃなかったんですね!(笑)





それでは次のお話。





昨日から、バカテスのラジオ放送が開始されました!

なので、ちょろっと収録時のお話でもさせてもらいましょう。

まだ聴いてない人はネタバレがあるかもしれないので避難した方が良いかもしれません。







さて。
ラジオはお聞きになりましたか?

それではお話の続きでも。








もしかしたら僕だけなのかもしれませんが。

自分の小説を読み上げられる恥辱は並じゃないと思うんです。

よく同業者の間でふざけ合って相手の小説やあとがきを読み上げることがあります。
それはまだいいんです。
ふざけているし、相手の小説を読み返すことだってできるのですから。

ですが、声優さんは違います。


プロとして!

真面目に!

感情を込めて!


彼らは僕の書いた文章を読み上げるのです。

もうその恥ずかしさときたら!

まだ上司の前で『総受けです』なんてのたまう方がマシだと言える程です。

特に恥ずかしいのが、僕の造語の代表格。


試獣召喚(読み:サモン)


これが恥ずかしいのです。

収録中は耳を塞ぎ、目を閉じ、台詞が過ぎ去るのを待つばかり。

とにかくこの台詞が苦手なのです。



と言う話を、ラジオのパーソナリティーの下野さんにしたところ、

僕も聴いているラジオのオープニング挨拶で、サービスをしてくれました。





『皆さんこんにちは――いやさ、試獣召喚!』





なんという心憎い演出。





『いやさ』じゃないですよ! 覚えてろぉーっ!

いつか仕返しをしてやるっ!!



なんて、冗談です。

気さくで優しい下野さんに復讐なんて大それたことはできません。

むしろ僕なんかに気を遣って頂いたことに感謝しているくらいです。



ところであまり上記の話には関係ないのですが、バカテスのラジオには

姫路瑞希の簡単レシピ♪

というものがあります。

手間がかからず、簡単に作れる味覚破壊料理を大募集中です。
食べられる範囲で、下野さんが喜ぶような料理のレシピを投稿してあげて下さい。
きっと下野さんなら喜んで食べてくれると思います。



余談ですが。

先日、アニメの収録の際にムッツリーニ役の宮田さんに飴を頂きました。

『あの、これどうぞ』

と、爽やかフェイスでにこやかに渡してくれた飴は、どうやらのど飴のようです。

流石は声のプロ。のどに対する心配りが完璧です。

インフルエンザも流行っているこの時期。

宮田さんの心配りは大変ありがたいものです。

御礼を言って受け取り、宮田さんの優しさを頂きました。










4e55a705.jpeg





























宮田さんの優しさは、少しだけ背脂の味がした。










なんというか、下野さんも宮田さんも、礼儀正しくて大変良い方な上、たまにこういった茶目っ気を見せるから人気があるんでしょうね~。
声優さんって凄いと思います。

ちなみに雄二役の鈴木さんからはCDを貰っちゃいました。
もの凄い格好良い!
あまりに歌が上手いので驚きました。
是非キャラソンとかでも活躍して頂きたい――のですが、雄二となると。。。
そもそも誰に限らず、キャラソン自体が出るかどうかも僕は知らないのでなんとも言えないのですが(笑)


キャストや関係者の皆様。
色々とお気遣いありがとうございます。



なんだか気が付けば御礼文というか、あとがきみたいな感じに。
とりあえず色々長く書きすぎたので、今日はこの辺で。

ではでは~。



 web拍手 



PR


 初めての訪問の方は必ずご一読下さい。


 原稿が一段落したら、今度はまた別の作業に追われる日々が続いています。
 自分で始めたこととは言え、このテスト問題というのがまた厄介で……。

 という感じで悩んでいるところに、有沢さんからお誘いがありました。


 『空を飛びませんか?』


 スカイダイビングに行ってみませんか、という有沢さんの提案です。
 スカイダイビングというと、空を舞うという遊び。

 この時、僕の頭には最近TVでたまに流れるCMの映像が浮かびました。




eure.JPG


















 なんて気持ち良さそうな話でしょうか。



 家で思いつかないアイデアに悩むより、空でも舞って何かが閃くのを待つ方が良いかもしれません。



 僕『行きますっ!』



 というわけで、先日

 あざの耕平さん

 有沢まみずさん

 鈴木大輔さん

 と四人でスカイダイビングを体験してきました。



 ダイビング当日。

 飛行場のコンディションは、風も弱く天候も晴れ。
 絶好のスカイダイビング日和です。
 これは本当に気持ちの良い、最高の空中遊泳を楽しめるに違いありません。

 受付を済ませ、スカイダイビング用の格好に着替え、人生初の体験に心を躍らせて待ちます。

 話によると、スカイダイビングは

 『空気に乗る感じ』

 『無重力のような感覚』

 『空を生身で感じられる』

 などというような、素晴らしい感覚を味わえるらしいのです。
 これは期待せずにはいられません。

 冒頭に掲載したイラストのような体験が本当にできるのではないか。
 多少の緊張と共に、時が来るのを待ちます。


 そして、いよいよ運命の時が来ました。


 『この車に乗って下さい。飛行機まで行きます』

 『『『はーい』』』


 颯爽と用意された車に乗り込む一同。

 その時の移動中の光景が、この写真です。





597d802e.jpeg





















 はて。なんでしょうか、この光景。



 『爽快感』とか『これから大空へ』というよりは、どちらかというと、









54496917.jpg



















 いやいやいや。
 そんなバカな。
 考えすぎです。

 だってホラ、車を降りて飛行機に乗り込めば、きっと爽やかな空が












f2b67cde.jpeg

















 タイトル 『四人で見た、最後の夕焼け』





 まずい。そこはかとなく別離の気配がする。




 

 まぁ、冗談です。
 実際は特に何も無く大空を飛んできました。
 ※ちなみに上の写真は夕焼けではなくただの逆光です。


 参考画像ですが、

efbf3096.jpeg



















acdf43c3.jpeg



















42982780.jpeg
















 こんな感じ。

 楽しかったですよ~。

 地上4000メートルを生身で飛ぶ感覚。
 これは貴重な体験で、凄く面白かったです。
 企画してくれた有沢さんに感謝です!


 想像するよりもずっと怖くないので、興味のある方は一度やってみると良いかもしれません。
 人生で一度はやってみたいことだったので、とても満足しました。

 さてさて。
 それじゃあ、仕事に戻ります。

 あんまり更新できなくてごめんなさい。
 バカテスのラジオが始まる頃には、また何か書きたいところです。

 ではでは~。

 
 web拍手 







 初めての訪問の方は必ずご一読下さい。



 前回ご紹介させて頂いたnamoさんの漫画ですが、本日公開が始まりました。

 それが僕らの日常。

 可愛らしい姿の明久たちのほのぼの(?)日常系漫画になります。
 明久と雄二の悪ガキっぷりが特に好きです。
 秀吉も可愛いし!
 こちらは無料のWEBコミックになりますので、皆様お時間が御座いましたら是非ともお試し下さい。
 とても面白いし、癒されますよ~。


 続いて、もう一つコミックのお知らせ。


 先日発売の月刊少年エースに告知が載っているのですが、

 バカとテストと召喚獣ぢゃ

 というスピンオフ漫画が同誌で12月末発売号から連載されます。
 こちらを描いて下さるのはKOIZUMIさん。
 既に僕は漫画のラフを頂いているのですが……なんというか、凄いことになってます。
 さすがは『ハルヒちゃんの憂鬱』をやる少年エース。
 ギャグに完全に特化して下さいました。
 いいなぁ……。僕もこういうの書きたいなぁ……。
 軽く嫉妬を覚えるほどの内容です。
 どうぞご期待下さい。


 というわけで、バカテスのコミックは12月末で計3種類となります。

 
・好評連載中の『バカとテストと召喚獣』(少年エース)

・本日公開の『それが僕らの日常。』(コミッククリア)

・12月開始の『バカとテストと召喚獣ぢゃ』(少年エース)


 それぞれが別の特色を持った形の内容になりますので、興味がおありの方はチェックしてみて下さい。
 以上、漫画の告知でした~。



 日付が変わる前に更新しておきたいので、今日はとりあえずここまで。
 また時間を見つけて、いつものような更新もしたいと思います。

 ではでは。


 
 web拍手 






 



忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
WEB拍手
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上堅二
性別:
男性
ブログ内検索
アクセス解析
世界樹っ
twitter