忍者ブログ
ライトノベル書きの井上堅二のブログです。 週一更新を目指して頑張りますが、あまり期待はしないで下さい。あと、リンクフリーです。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]


初めての訪問の方は必ずご一読下さい。










※注意!
バカテスラジオ第12回(先週分)のネタバレがあります。
まずはそちらをお聴き下さい。

















>ついにメールを読まれたようですね! おめでとうございます!
>今回のラジオ、地味に先生の投稿読まれてませんか?
>「いのっち」っていう名前は先生ですよね?
>ラジオ聴きました! おめでとうございます!
>ようやく読まれて良かったですね!
 etc...


皆様、ご声援ありがとうございます!
メール職人として頑張っている甲斐があるというものです!
読まれるのは大変ですが、だからこそこういったものは面白いものなんですよね。


実は僕は、第12回のラジオに向けてこのような作戦を立てていました。


第12回のラジオのゲストは、バカテスアニメの中でもトップシークレットだった、玲役を演じる井上喜久子さん。
その為、第11回はゲスト宛のお便りを募集していませんでした。

当然ながら、原作者である僕は第12回のゲストはシークレットで、ラジオの進行がいつもとは異なるという情報を知っています。
情報を制するものは戦いを制す。
このアドバンテージを利用しない手はありません。

ゲストが秘密ということは、いつものようにキャラクターを絞った質問は読みにくいでしょう。
つまり、企画のコーナーよりもフリートークの時間が長くなるわけです。

フリートークの時間で弄りやすいメール、それこそが勝利の鍵!

もうここまで説明したら、聡い読者の皆様はおわかりでしょう。


そうです。
僕は原作者の権力をフルに活用し、揺るぎない勝利を得られるコーナー、

『ふつおた』へとメールを投稿したのです。









~~収録開始15分後付近のふつおたトークにて~~
















下野さん『今日は喋りすぎたみたいなので、
ふつおたを省略して告知に参りたいと思います!』






 









ussele.jpg


























堪えた涙が、少しだけしょっぱかったです。




ちなみに、こちらのメッセージについてなのですが。



>「いのっち」っていう名前は先生ですよね?
瑞希言っちゃいます! で読まれてましたね!
脱衣の麻雀って、新刊のネタですよね 本ではダウトでしたけど
 etc...



確かに「いのっち」という名前で「瑞希言っちゃいます!」のコーナーで
読まれていたメールがありました。

ですが、




suman2.jpg

 

 

 


 

 


 

 


 



















 

当分メール職人生活は継続になりそうです。




さて。話は変わりますが。


実は僕は、とあるBD&DVDがとても好きだったりします。
特にその企画がとても好きで、いつかは自分もやってみたいと思っていました。
そして、折良くもうすぐバカテスのBD&DVDが発売されます。
7.5巻の作業も終わり、時間が取れそうなこのタイミング。
こんなチャンスはもうないかもしれません。

なので、監督やプロデューサーに無理を言って、特別に今回の一回だけやらせて頂きました。
パクりオマージュ企画を押し込んでしまってすいません……。

というわけで、バカテスのBD&DVD(第二巻)に


キャラクターによるオーディオコメンタリー


を書かせて頂きました!
こういう面白い企画って、やってみると本当に楽しいですね~。

ちなみに収録されるのは第三話で、出演キャラクターは明久と雄二になります。
(本当は売り上げとかを考えると、女の子も出ていた方が良いのかもしれませんが、
その辺は僕の趣味でやらせて頂いた企画なので……ごめんなさい)



え? なぜ一巻に収録されていないのか、ですか?
それは……まぁ、7.5巻の発売日を思い返して頂ければ(モゴモゴ

あくまでも押し込んだ特別企画なので、それ以降もやれるかどうかは難しいところです。
(僕の持ちネタがあまりないという意味でも)

宜しければ一度観て頂けると嬉しいです。




さてさて。
やっぱり今回も長くなってしまいました。

それでは今日はこの辺で~。



※追記
僕も詳しくは知りませんが、キャラクターコメンタリ―とは別で、一巻にあったキャストさんによるオーディオコメンタリーも収録されるはずだと思います。
(あくまでも今回のコメンタリ―は追加要素なので)
あまり詳しくは知らないので、違っていたらごめんなさい。
 

※追記2
情報を制すものは~~
どうしよう……。素で間違えてたなんて今更言えない……。

 

PR


初めての訪問の方は必ずご一読下さい。


それでは、今日は前回の予告通りにサイン会のお話でもさせて頂きましょう。

一ヶ月以上も前の話になります。
僕と葉賀さんの二人で、とらのあなさんでサイン会をやらせて頂いたのです。

僕の本を読んで下さっている皆さんにお会いすることのできる、数少ない機会。
正直緊張しますが、それと以上に楽しみでもあったりします。

本当は仕事の関係上、あまり人前に出るわけにはいかないのですが、今回だけは『顔出しNG』という条件の下で実施させて頂きました。
万が一にも僕の正体を知る人が現れた場合は、土下座で口止めをする覚悟です。

そんな感じで挑んだサイン会。
緊張で字や声が震えはしたものの、皆さんの御協力のおかげで順調に進めることができました。

好きなキャラクターの名前を聞くと、あまりに秀吉が多かったので
『秀吉以外の好きなキャラクターを教えて下さい』
なんて質問をしたり。

名古屋や京都のように、遠くから来て下さった方に恐縮したり。

ちょうど放送が始まったアニメの感想を聞かせて頂いたり。

とても有意義な時間を過ごすことができました。

中には、なんと差し入れやお手紙まで持ってきて下さった方まで。
本当にありがたいことです。

年明けということで、年賀状や手書きのイラスト。
お菓子や紅茶などの食べ物。
僕がテスト問題の作成に困っていることを知って、問題集などを差し入れて下さる方もいらっしゃいました。
こちらはありがたく今後のテスト問題に活用させて頂きます。

他にも、こういった差し入れも頂きました。



8f7bbefc.jpeg
































こちらは入浴剤だそうです。

何かこだわりがあるというわけでもないのですが、湯船に浸かってぼーっとしているのが好きな僕としては、こういったものも嬉しいです。
お仕事の疲れを癒してくれる入浴剤。
ネタに困ったときのリフレッシュなどに使わせて頂くとしま――




 



b87da82b.jpeg

































熟れよ、じゃありません。






百歩譲って女湯の入浴剤は認めましょう。
男だって女湯に入りたい。いやむしろ男だからこそ入りたい!
ですが、男の僕が女の武器を熟れさせてどうするというのですか。
腐るのですか。熟れすぎて腐らせろというのですか。

ずっと目を逸らし続けていましたが、頂いたお手紙や年賀状、挙げ句には前述の問題集にまで
『美少女様へ』
という宛名が書かれているのはどうやら間違いではないようです。

なるほど。そちらの出方はよくわかりました。
これは要するにアレですね。
そういったアイテムを渡されて困っている僕の顔を見て笑おうという企画ですね。

やれやれ。仕方がありませんね。
そういうことなら、少しだけ付き合ってあげるとしましょうか。

何より、ここで突然話題を変えたり、不自然にスルーをしたりするのは余裕が無いように見えてしまいますしね。
ここは一つ、社会に出ている大人として、余裕のある対応をするとしましょう。










20100121192533.jpg










































20100121192647.jpg3240956_1783575733.jpg
















































さて。引き続きサイン会の話ですが。







色々とあったものの、特に問題もなく残るは最後の十数名のお客様くらいになった頃。
いい加減僕も緊張が解れて、声も震えなくなってきています。

そうすると、顔を上げる余裕も生まれてくるわけです。

折角来て下さった読者の方々です。
少しでも皆さんの表情を見ておきたいと思って、顔を上げ、並んでいる方々の顔を見回します。

すると、目に入るのは朗らかに笑っている方やちょっと眠そうな方、手に持っている本を読んで待っている方もいたりして、人それぞれで面白いと――








hukumen.jpg
























………………なんか、いる。








お客様 『お願いしまーす』

僕   『あ、はい。すいません』


次の方の番になったので、慌てて視線を本に戻します。
今、一瞬だけ穴を開けた紙袋をかぶった人影があったような気がしましたが、気のせいですよね?
だって、これはただのサイン会なんですから。
ネタのような差し入れがあったとしても、来て下さる人は皆さんとても良い方です。

その証拠にほら。
顔を上げればそこには、








hukumen2.jpg
























………………なんか、増えてる。








列の最後尾に並ぶ覆面二名。
寒さ対策の帽子と言うにはあまりに異様な姿です。
僕の顔を上げる余裕は一瞬で根こそぎ刈り取られました。

何が起きているんですか。
この会場は今何が起きているんですか。

脳裏をよぎるのは会社のこと。
まさか、会社の同僚が偶然来ていて、気まずさのあまり顔を隠しているとか……?

なんて心配をしていると、その方々は覆面をとって顔を見せて下さいました。
どうやら僕の心配は杞憂だったようで、お二人はネタとして覆面をしてきたとのこと。
わざわざ関西から来て下さったらしく、お土産まで頂いてしまいました。
ネタの提供も含め、ありがとうございます。
ですが、できればもうちょっと心臓に優しい登場を……。
関西の方の芸人魂に驚いたサイン会でした。


などと、色々とありましたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。
握手の時に手を握らせて頂くと、その手が冷たくなっている方が多くて、申し訳ない気持ちになってしまいました。
そして、そこまでしてわざわざ会いに来て下さった皆様の気持ちがとても嬉しかったです。
これからも頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

立場上、あまりこういった催しに参加することはできないのですが、また何かできるといいですね。
そのときはもうちょっと緊張せずにいられると思います。


また今回も気がつけば随分と長くなってしまいました。
そろそろ確定申告を終わらせなければ……。

ではでは、今日はこの辺で。



web拍手 



 


初めての訪問の方は必ずご一読下さい。


大変ご無沙汰しておりまして申し訳ありません。
ようやくお仕事の方も一段落し、ブログの方にも少しだけ時間が取れそうです。
(但し、確定申告という大ボスが手つかずなのでまだまだ危険ですが)

更新をサボっている間にも色々な出来事があったので、更新の度に一つずつご紹介したいと思います。

まず今回は、前々から書くと言っていたラジオについてでも。


ご存知の方も多いとは思いますが、バカテスのラジオが音泉さんで放送されていたりします

実は僕、このラジオというものが大好きなんです。
面白いトークがあったり、音楽を紹介してくれたり、リスナーのお便りを弄ってくれたり。
何か作業をしながらでも楽しめるという、お手軽さも嬉しいです。

そんな大好きなラジオ。
第一回の収録の際には、原作者の特権という汚い手段を最大限に利用し、最速かつ間近で楽しませて頂きました。
(最近は余裕がなくて全然お邪魔できていませんでしたが)


そして、ラジオではリスナーからのメールを募集することが多々あります。
バカテスラジオもその例に漏れず、メールを募集しておりました。


しかしながら、アニメ放送中ならいざ知らず、放送前の知名度の低い状態でのメール募集。
果たして何通のお便りが届くかわかりません。
もしも一通も来なかったら、パーソナリティーやスタッフの皆さんはどう思うでしょうか。
きっと彼らは寂しい気持ちになってしまうことでしょう。

そんなわけで、微力ながら協力しようと思い、僕は名前を偽ってメールを投稿することにしたのです。


第一回の放送終了後。
早速僕はメールフォームに偽名を打ち込み、世間話のようなメールを投稿しました。

これで少なくとも一通はメールがあるわけです。
きっと投稿数が少ないだろうから、僕のメールを読んで終わりになってしまう可能性も高いですけど、次回からはたくさんお便りが届いて僕の協力なんて必要なくなるはずです。
言わば、僕は最初の加速の為のブースター。
軌道に乗るまでちょっとしたお手伝いをしてあげられたら十分なのです。


そんな、子供の成長を見守るような気持ちで聴いた、第二回放送。



出演者さん一同
 『今回はこのあたりでお別れです。
               まったね~~』



ありゃ? 結構メール来てたんでしょうか? 僕のメールはスルーでしたね。

うんうん。それならそれで良いことです。
僕もサクラのような真似をしないで済みます。

ですが、初回は注目されても二回目は意外と反応が薄い、なんてことはままある話です。
ここで油断してしまっては意味がありません。
念のため、もう一度だけメールで協力しておきましょう。

軽いジョークを交えた文章を書いて――送信、っと。


それで迎えた第三回放送。
今度もきちんとメールが来ているのでしょうか。
ちょっとドキドキです。




出演者さん一同
 『今回はこのあたりでお別れです。
               まったね~~』


 

ぅん? また読まれませんでしたね。
結構たくさんメールが届いているのでしょうか。
それは素晴らしいことです。

ですが、ここで僕は思いました。

『一応僕は文章のプロなのでは……?』

文章力の低さに定評があるとは言え、これでも一応物書きの端くれ。
流石に二度も投稿して読まれません、というのはプロとしてどうなのでしょうか。

仕方がありません。
プロとしての尊厳を保つ為、少々本気を出してメールを送らせて頂きましょう。
今回はコーナーの一つ、

『姫路瑞希の簡単レシピ♪』

に投稿です。

こちらでは、瑞希の壊滅的な料理センスを活かして味覚破壊を行うとか。
味覚破壊とは言っても、小説にあるような命に関わるものは無理です。
そうなると、凄く不味くて、お手軽に作れて、音だけで聴いてもその酷さが伝わるものが良いでしょう。

しばらく考えてから、メールフォームに内容を打ち込みます。
ラジオの収録現場に行ったことのあるこの僕です。
あそこで作るとしたら、どの程度までの調理が可能なのか。
それを知っている僕に、負けはありません。



第四回放送。







出演者さん一同
 『今回はこのあたりでお別れです。
               まったね~~』









…………読ま……れず……っ!!





ほ、ほほぅ……?
なかなかやるじゃないですか、バカテスリスナーの皆さん。

どうやら僕もいよいよ本気を出さなければならないようですね。

いやいや、嬉しいんですよ?
だって、僕のメールが読まれないということは、つまりは他の方からメールが届いているということなのですから。

しかしながら、僕にも一応原作者という看板があります。
このまま負けっぱなしで終わるわけにもいきません。

と言うわけで、今度はこちらのコーナーに投稿してみましょう。

『瑞希、言っちゃいます!』

普段はおとなしい姫路瑞希が、勇気を振り絞ったときに言ってしまうかもしれないセリフを募集します、というこのコーナー。
誰よりも瑞希の性格を把握しているこの僕が書くのは若干アンフェアかもしれません。
しかしながら、立場やルールを最大限に利用した上で、きっちり勝利を収めるのがプロフェッショナル。
手段を選んでいてはプロの証明など出来やしないのです!



第五回&第六回放送。

瑞希言っちゃいます! のコーナーにて。



原田さん
『……んもぅ……オ・マ・セ さん♪』


おおーっ!
原田さん熱演ですね!
色っぽい! 色っぽい!
声優さんって凄いーーっ!!



出演者さん一同
 『今回はこのあたりでお別れです。
               まったね~~』




うんうん。
今回も最高でした。
特に原田さんの色っぽい台詞。
ラジオって本当に楽しいですね~。

じゃあラジオも楽しんだことですし、ブラウザを閉じてお仕事でもしましょうか。

いやはや。
本当にラジオって楽し――








bakanajpg.jpg



















僕は原作者ですよ!?
生みの親ですよ!?
瑞希の性格を完璧に把握している人間ですよ!?




コーナーの説明にはこう書いてありました。


▼瑞希、言っちゃいます!
普段はおとなしい姫路瑞希が、勇気を振り絞ったときに言ってしまうかもしれないセリフを募集します。
なお、原作者の井上堅二先生もこのラジオを聴いてくれているはずなので良かったセリフは
今後の“バカテス”に活かされる・・・かも?


いやもうラジオを聴いているどころか投稿してますよ!?
今後のバカテスに活かされるどころか掲載率100%ですよ!?
次の巻で瑞希が言う台詞を先取りなんて余裕なのにっ!!


恐るべしバカテスリスナーたち。
まさか原作者の再現率を上回るとは思いませんでした。

うん。皆さんの実力はよくわかりました。
認めましょう。皆さんの方が面白いということを。

ですから、あの……ですね。
できれば、もうちょっと手加減を……。


本当は第七回以降も投稿したかったのですが、お仕事が立て込んでいて断念しました。

ですが、今後はまた戦場に挑むことができそうです。

いつか読まれるものと信じて……!!



と、随分と長くなってしまいました。
前にあったサイン会についてのお話は、また次回ということで。

ではでは~。


 web拍手 


P.S.
エースでバカテスを描いて下さっているKOIZUMIさんのサイトを発見しました。
お忙しいようですが、頑張って下さい。
毎月一読者として楽しみにしています!
 



忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
WEB拍手
最新トラックバック
プロフィール
HN:
井上堅二
性別:
男性
ブログ内検索
アクセス解析
世界樹っ
twitter